町田は新築のマンションを購入するのにおすすめ!?町田の魅力を紹介!

町田と聞くとベッドタウンというイメージがあるかもしれません。多摩川以南では東京都最南端に位置しており、八王子に次ぐ人口を誇ります。神奈川県と隣接しており、交通やインフラの面では、神奈川県の一部ともなっている町田。どのような魅力を持っている街なのか詳しく解説しましょう。

この記事は約7分で読み終わります。

町田エリアって一体どこ?

細長い市は、相模原市の沿って突出している形状で、神奈川県とも隣接している場所にあります。北部には、自然豊かなエリアでもあります。東京のベッドタウンとして発達した地方ですので、多くのマンションが立ち並んでいるのも特徴です。

町田から主要都市までのアクセスを詳しく見ていきましょう。

 

・新宿へのアクセス

 

新宿ヘは小田急線急行を利用すると、35分で着くことができます。利用料金は370円です。JRのみで行くこともできますが、横浜線から中央線に八王子で乗り換える必要があります。さらに利用料金も918円となるので、小田急線を利用するのがおすすめです。

 

タクシーで移動する場合には、約37kmの移動になるので、所要時間も1時間20分ほど必要です。都内で渋滞があると、さらに時間がかかるでしょう。予想料金も12,650円です。

 

自転車では、少し距離が遠くなり、31.6kmの移動です。時間も2時間半はかかるので、スポーツバイクでのトレーニングになる距離です。

 

・渋谷へのアクセス

 

町田から渋谷までのアクセスは、JRのみを利用するのではなく、私鉄と組み合わせる行き方がおすすめです。小田急線急行に乗り、下北沢で京王井の頭線急行に乗り換えます。利用料金は464円です。この乗り換えの場合は、37分で到着します。他の駅で乗り換えることもできますが、もう少し時間がかかります。

 

タクシーで移動する場合は、約1時間かかり、タクシー料金も高くなります。さらに自転車で移動する場合には、29.8kmあり、2時間20分必要です。こちらも、トレーニングに近い距離になります。

 

・池袋へのアクセス

 

町田から池袋へは、小田急線とJを利用します。小田急線で新宿まで行き、埼京線に乗り換えます。この乗り換えのパターンでは、44分で到着でき、利用料金は524円です。

 

タクシーで町田から池袋まで移動すると約40kmの移動になり、1時間半はかかります。予想料金も15,000円ほどですので、気軽に移動できる距離ではありません。自転車になると、37kmの移動で、3時間はかかるので、現実的な移動距離ではないでしょう。

目次へ

町田の魅力を紹介!

町田は、古き良き自然や伝統と、新しい文化が共存していることが特徴となっています。町田駅前には大型の商業施設が立ち並びますが、駅周辺に目を向けてみると老舗が営業を続けています。

 

江戸時代後期には、「絹の道」として、商業の中心地となりました。現在では国道16号線や鎌倉街道などの道路網があることから、商業都市として発展しています。

 

市郊外には1960年代に建設された大規模集合住宅群が点在します。東京のベッドタウンとして発展してきた証です。都心へのアクセスも便利で、自然も豊富で住みやすい街です。

 

市としても、自然環境を保全することに力を注ぎました。緑豊かな公園や桜をはじめとした花の名所が点在しています。

目次へ

町田の治安は?

町田市の治安は、悪いとも良いとも言えません。というのも、町田市事態の犯罪件数は、以前は多かったのですが、近年減少傾向があります。2018年の市内刑法犯認知件数は2915件で、2010年には5400件ほどあったことを考えると犯罪は減ってきています。

 

町別に見てみると、町田駅がある原町田の犯罪件数は、他の町と比較して多くなります。2018年には595件の犯罪がありました。駅前には繁華街があるので、治安はあまりよくないと言えるでしょう。しかし駅から離れていくと、一気に犯罪が減ります。中町や旭町になると、それぞれ旭町で63件、中町では86件となり、治安が良くなっていることが分かります。

 

町田の治安は、どこに住むのかによって大きく変わることでしょう。マンションなどの住まいを考えているなら、駅までどの道を通るのか、マンションがある町名などにも留意しておくと良いでしょう。

目次へ

町田は子育てしやすい街?

町田市は郊外に位置しており、同世代の子供も多いと予想されます。お友達を作りやすい環境ですので、子育てはしやすいと言えるでしょう。

 

また町田市は、親が子育てしやすいように、子育て支援サービスが充実しています。子育てをしている母親が、子育ての悩みを解決しやすいことを目的として、マイ保育園というシステムがあります。

 

身近な保育園が、在宅で子育てをしている家庭に、様々な子育て支援を行うものです。入園を保証するものではなくても、子育ての情報を得ることができたり、育児相談ができたりします。

 

保育園や幼稚園も比較的整備されており、待機児童も少なめです。2019年の調査では、全体では127人の待機児童数ですが、3歳児以上になると待機児童はほぼ解消されています。認可保育園なども整備されている結果と言えるでしょう。

 

行政サービス

 

さらに多くの行政サービスが、子育てを支援します。詳しいサービスを項目別にご紹介あします。

 

■赤ちゃん・ふらっと

市内の各所に、おむつ替えスペースが設置されており、授乳やおむつ替えがスムーズに行えるようになっています。市内の建物に「赤ちゃん・ふらっとマーク」が設置されていると、自由に利用できるスペースがある証です。

 

■ほっとメールまちだ

また保育園や学童保育クラブや、親子向けのイベント情報を提供する「ほっとメールまちだ」で、ほっとする情報をお届けしています。どのようなイベントがあるのか、定期的な配信を楽しみにできるでしょう。

 

■ショートステイ・トワイライトステイ

別の便利な行政サービスは、ショートステイです。親が急病になってしまったり、家族の介護が必要になったりした際に、宿泊を伴うサービスを受けることができます。宿泊が伴わないステイも利用できます。

 

子育てをしているお母さんの悩みを、解決できる行政サービスがあるのは魅力です。

目次へ

町田のおすすめのクリニックは?

・風の子こどもクリニック

 

住所:東京都町田市金森東1-25-29 金森メディカルプラザA-2

 

TEL:042-851-8630

 

診療時間:9:30~12:30 月・火・水・金・土 

     15:00~18:00 月・火・水・金

 

休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日

 

アクセスは、JR町田駅からバスを利用して3分です。駅に直結しているわけではないことに注意点しましょう。

目次へ

町田の新築マンションの相場は?

町田市の新築マンションの相場を見ていきましょう。東京郊外に位置していることもあり、都心ほどの値段ではありません。

 

町田市の新築マンションの平均は、4、414万円です。ベッドタウンですので、安価ではないものの、サラリーマンでも手が届きやすい価格帯です。都心へのアクセスも便利ですので、ベッドタウンとして発展しているのも納得です。

目次へ

町田のおすすめスポットを紹介

町田のおすすめのスポットも紹介しましょう。買い物をしたり、自然を感じられるスポットがあります。

 

・町田東急ツインズ

駅から徒歩1分に位置している、大型商業施設です。百貨店と専門店に分かれていたビルは、町田東急ツインズとして2007年に業態転換します。ファッション、雑貨、日用品までそろえることができます。

 

・薬師池公園

2007年に「日本の歴史公園100選」にも選定された市を代表する公園です。四季折々の花を楽しむことができます。また江戸時代の古民家もあるので、当時の暮らしを感じることもできる公園です。

目次へ

まとめ

 

東京の郊外に位置しており、数多くの大型集合住宅がある町田。ベッドタウンとして、生活をするのに便利な位置にあります。都心へのアクセスも便利で、駅前では必要なものをそろえることが可能。住まいの場所を考えるのに、選択肢に入りそうな街です。ぜひマンション選びの参考にしてみてください。